長野県の環境について

本州のほぼ中央に位置するのが長野県で、海に面していない内陸県でその多くが日本の屋根と呼ばれる日本アルプスといった山岳地域となっており、いくつかの盆地に街が形成されています。また、長野県は、隣接する県が最も多い県で、8つの県に隣接しています。

長野県の中心都市は、長野盆地に位置する長野市で、善光寺の門前町として古くより栄えたまちとなっています。また、1998年の冬季オリンピックの開催地でもあります。この長野市は、県庁所在地として47都道府県の中で最も標高が高い位置に県庁の本庁舎があり、このことからも、山岳地域であることが分かります。

この長野県は、古くは信濃国と呼ばれていた地域で、信州と呼ばれることも多く、観光案内などでは、信州として扱われることが多いようです。観光スポットの多い長野県ですが、諏訪地区を中心とした、時計や光学機器の精密機器製品の生産拠点としても有名な場所で「東洋のスイス」などと呼ばれているのも長野県です。